生命保険会社ってどこがいいですか?

【ソルベンシーマージン比率とは何なのか】あまり聞きなれない言葉ですが保険業界ではよく使われています。
これは英語ではSolvencymarginというふうになり、支払余力という意味です。
保険会社は将来の保険金の支払いに備えて「責任準備金」という資金を備えていますから、想定できる範囲のリスクに対してはじゅうぶんに対応することができます。
でも環境の激変などにより、想定を超える出来事に遭遇することもあります。
したがって大災害や株の大暴落などの不測の事態でのリスクに対応できる「支払余力」があるかどうかを行政監督上で判断するための指標の一つがソルベンシーマージン比率なのです。
一般的にこの比率は200%を超えていればじゅうぶんな支払余力があると考えられています。
ちなみの上位3社のソルベンシーマージン比率は次のようになっています。
<①ソニー生命>2281.
8%。
<②東京海上日動あんしん生命>2195.
2%。
<③アクサダイレクト生命>2141.
0%。