住宅ローンで家を持てば減税の特典があるの?

住宅ローンで家を持つと、減税の特典を受けることができます。
国は国民に家を持ってもらうことで景気を良くしようという政策を進めてきました。
いわゆる持ち家政策です。
この持ち家政策を側面から支えてきたのが住宅ローン控除制度です。
たしかに新しい家を買うと、その家に合う家具や家電、はたまた車まで新しくしようという波及効果がかなり期待できます。
家というものはそれだけ、経済を活性化する効果があるということができます。
この制度の中身を簡単に言うと、家をローンで買えば税金を安くしてあげます、というものです。
ただし無条件で税金を安くしてくれるわけではありません。
住宅ローンの返済期間が10年以上である、とか床面積の半分以上が住宅用である、住宅の購入後6ヶ月以内に入居した、などの要件を満たしている必要はあります。
しかしこれらの要件をクリアしてさえいれば減税の特典を受けることができますので、持ち家には大きなメリットがあると言えます。