フラット35審査のコツとは?

フラット35は、審査も緩やかで銀行のローンよりも借りやすいというイメージがあります。
雇用形態が非正規でもOKですし、親族が住む予定の住宅購入でも、セカンドハウスでも、営利目的ではない住居として建てる物件に関してローンを組むことが出来ます。
もちろん、二世帯住宅もOKです。
ただ、アパートローンとして利用することは出来ません。
もし、自宅の一部をアパート賃貸にする設計になっているといった場合には、自宅部分とアパート部分の床面積で、購入予算を勘案することになります。
しかも、アパート部分は建物の床面積の1/2までに収める必要があり、全額ではなく床面積に応じた金額が貸付対象となるのです。
もし、賃貸部分を含む建物を建てるときにフラット35を利用するのであれば、注意が必要です。
http://xn--35-9i4aua7d9fp407b02sc.skr.jp/